鍼灸治療とは

鍼灸治療を行うと血流循環・体質が改善されます。
すると人間が本来持っている自然治癒力(生まれながらに持っている、ケガや病気を治す力)が上がり、新陳代謝(古いものが新しいものに次々と入れ替わる事)も改善する効果があります。
又、状態を改善させると同時に予防し現状を更に向上させる事ができます。格別不調を感じていない人でも鍼灸をする事で健康的な生活を手に入れる事ができるのです。

WHO(世界保健機関)が認める鍼灸治療の効果

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気は、
これだけの症状や状態に対してアプローチができます。

[神経科系疾患]
坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、慢性頭痛、パーキンソン病
[運動器系疾患]
腰痛(急性 慢性)、肩こり、五十肩、背部痛、椎間板ヘルニア、関節炎、筋肉痛、腱鞘炎、寝違え、ムチウチ症、バネ指、頸腕症候群
[婦人科系疾患]
生理痛、月経異常、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、更年期障害、冷え症
[消化器系疾患]
慢性胃炎、胃痛、食欲不振、便秘、下痢、消化不良、胃・十二指腸潰瘍
[泌尿器系疾患]
腎炎、尿道炎、膀胱炎、頻尿
[内分泌系疾患]
糖尿病、リウマチ、膠原病、甲状腺疾患、肥満症
[耳鼻科系疾患]
耳鳴り、難聴、アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎
[眼科系疾患]
眼精疲労、ドライアイ、白内障、緑内障、眼瞼下垂、網膜症、仮性近視
[小児科系疾患]
発育不良、夜泣き、夜尿症
[その他の疾患]
自律神経失調症、線維筋痛症、うつ病、パニック障害、慢性疲労症候群、疲労倦怠感、アトピー性皮膚炎、パーキンソン症候群

小児鍼治療

小児鍼とは?
子供に対する鍼灸治療で、大人と違った治療方法を行います。お子さんは繊細で、とても敏感ですので、刺さない鍼を使います。経絡を整え、自律神経を調整するので十分効果が得られるのです。とても気持ちが良く治療中に眠くなる子もいます。
生後30日位から治療が始められ、産まれたばかりの赤ちゃんは優しい治療で十分効果的です。

お子様のこんな症状に効果があります。主な適応疾患は、夜尿症、花粉症、食物アレルギー、過敏症、アトピー性皮膚炎などですが、風邪や下痢、食欲不振、夜泣きなど、様々な症状に良い結果が期待できます。

鍼灸治療に使用する鍼・灸

[鍼はすべて新品を使用]
当院では、一回の治療毎に新品を使用し、治療後は使い捨てます。
使い回しすることは決してありません。

[鍼のほかに使うもの]
当院の鍼灸治療のメインは鍼ですが、その他に補助として、お灸、ツボシールのようなシンプルな道具を用いていきます。

治療の流れ




服装についてのお願い
腰・肩が痛い等の症状でも、痛い場所だけではなく手・足に鍼灸をする事があります。
下は短パン・上は出来ればタンクトップ・キャミソール等、肩が出せて治療しやすい服装でお願いします。